【 むかしむかしあるところに、死体がありました。 / 青柳碧人 】

むかしむかしあるところに、死体がありました。 小説

2020年本屋大賞ノミネート作品

 

誰もが知ってる昔話

 

【一寸法師】→【一寸法師の不在証明】

【花咲か爺さん】→【花咲か死者伝言】

【つるの恩返し】→【つるの倒叙がえし】

【浦島太郎】→【密室龍宮城】

【桃太郎】→【絶海の鬼ヶ島】

「むかしむかしあるところに…」

から始まる、誰もが知っているあのおとぎ話。

アリバイ崩し、イヤミス、倒叙、クローズドサークル、どんでん返し。

様々は技法が使われた奇妙なミステリー作品。

 

 

一寸法師の不在証明

お姫様を守るために勇敢に鬼に挑む一寸法師。

しかし、それがある人物の、ある野望への計画だったとしたら…

 

花咲か死者伝言

「枯れ木に花を咲かせましょう」

心優しい老夫婦の元に舞い込んだ財宝。

そんな幸せもつかの間、欲に目がくらんだ黒い魔の手が迫る…

 

つるの倒叙がえし

助けてもらった鶴が体を張って行う恩返し。

その甘い蜜の味を知ってしまった青年。

こんなつもりでは無かった鶴の恩返し。

しかしその一連の発端は…

 

密室龍宮城

亀を助けて連れてこられたのは、世にも美しい龍宮城。

歓迎された浦島太郎は、なぜか密室殺人の謎解きをすることに。

とある大きな計画に巻き込まれる…

 

絶海の鬼ヶ島

「お腰につけたきびだんご、一つ私にくださいな」

鬼目線の桃太郎?

いや、これこそが本当の鬼退治だったのかも…

鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!鬼!

メモ必須!

 

 

本屋大賞ノミネート作品の中でもとてもインパクトのある表紙とタイトル。

POPな絵からは想像できないような、妬みや、欲望といったおぞましい物語が、実は隠されています。

中には物語の内容を見事に逆手に取った謎解きがあり、どれもお見事。

【つるの倒叙がえし】のストーリーに、「なるほど」と感心。

さらに【絶海の鬼ヶ島】では、まさかまさかの展開に先が全く読めずで、こうきたか…とやられた感満載でした。

元々の物語の内容をそのままに、うまく利用していたり、舞台の見取り図があるのも面白い。

 

 

懐かしいでは済まない5つの物語

 

是非一度読んでみて、お気に入りの作品を探してみてください。

私個人的には【つるの倒叙がえし】が一番のお気に入りです。

 

 

なんだか、倒叙ミステリーというと古畑任◯郎を思い出してしまい、頭の中で流れるあのBGMを聴きながらの謎解きがまた楽しかったのです。

 

5つの作品のうち何作品かで思い知らされる女って怖い!

 

決して子供には読み聞かせられないザワつくおとぎ話

めでたし…めでたし…?

 

Aya@読書(@Aya2020book)さん | Twitter
Aya@読書 (@Aya2020book)さんの最新ツイート。図書館に住みたい...。小説、自己啓発、ビジネス色々読みます 2020年からの記録を残しつつ #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい 西加奈子 原田マハ 特に好き 無言フォロー失礼します 読書垢フォロバ DMあまり反応出来ずです 雑多ツイート多...
タイトルとURLをコピーしました