【 陽気なギャングの日常と襲撃 / 伊坂幸太郎 】

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎 小説

人気シリーズの続編

 

伊坂幸太郎さんの人気シリーズ!

http://aya2020book.com/陽気なギャングが地球を回す/

の続編のお話です。

 

前回に引き続き4人の活躍を見ることができます。

しかし、前回の銀行強盗とは打って変わって、彼らの日常に巻き起こる事件やトラブルなお話。

 

成瀬(ナルセ)

嘘を見抜く名人。

「刃物男騒動」

響野(キョウノ)

演説の達人。

「幻の女探し」

雪子(ユキコ)

精密な体内時計を持つ女。

「謎の招待券の真相」

久遠(クオン)

天才スリ師。

「殴打される男との遭遇」

 

 

そしてこの4人の4つの物語が伏線となり、とある大きな事件に。

4人のチームワークと、一人一人の個性あふれるキャラはもちろん健在!

 

やっぱり成瀬がかっこよかったです。

 

格言と伏線

 

物語には至るところで面白い格言が出てきます。

卵を割らなければ、オムレツを作ることはできない

無傷で何かを得る事はできない。

恐れずに何でもやってみよう。

という作中で雪子が発する格言です。

 

このような格言が事件解決への第一歩になったり、登場人物同士の会話の中でのやりとりで足を引っ張っていったり。

 

 

前半は、彼ら一人一人の日常といった感じでした。

しかし、そんな日常の会話一つにも伏線が隠れていたり…。

バラバラな物語がうまいこと、一つの事件へと繋がっていく軽快な伏線回収。

ここでこう繋がるのか…

と読んでいてとても気持ちがよかったです。

この一つに集約されていく様子がとてもテンポよく、リズミカル♪

謎に悩まされるというよりは、そのリズムにのって手が止まらずに読み進めていく感じが爽快でした。

 

この伊坂幸太郎さんの気分が晴れるような軽快サスペンスが好きです。

 

味のある登場人物

 

http://aya2020book.com/陽気なギャングが地球を回す/

の一作目を読んだ後に映画版の方も観ました。

映画の方はと言うと…

原作と違うちょっといただけないなと思ってしまう展開があったり、ゴテゴテのコメディ要素があったりで、個人的に、残念に思う部分がありました。

ですが、登場人物は原作にも合っていたと思います。

映画を観ていたこともあり、私の頭の中には

成瀬=大沢たかお

響野=佐藤浩一

久遠=松田翔太

雪子=鈴木京香

が成立されており、まさに本人たちが喋っているかのように話が進んでいきました。

 

この「陽気なギャング」シリーズを読んだことがある方は好きなはず!

響野と久遠のコンビ

前作よりもパワーアップしています。

この2人の掛け合いが面白く、顔の筋肉が緩んでしまう場面がチラホラ。

 

また、チームでありながら依存し合わない、どこかサバサバとした4人の関係性も気持ちが良いのですよね。

常に冷静でいて大人な女性である雪子はまさしく「鈴木京香」であり、憧れる。

しかしながらやっぱり好きなのは成瀬ですね。

個人的に大沢たかおが好きという部分もありますが…。

チームリーダーにふさわしい判断力と、冷静さ。

今作も素敵でした。

 

今回の【 陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫) 】には文庫版のみ、ラストにオリジナル短編があります。

4人に負けないほどにキャラが立っている響野の奥さんである祥子さん

そんな祥子さんが活躍するお話です。

4人のことを良く知る祥子さんだからこその、この物語も必見です。

 

陽気なギャングシリーズは全部で3作品あります。

【 陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫) 】

 

【 陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫) 】

 

【 陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫) 】

この「陽気なギャングは三つ数えろ」はまだ読めていないので、次はこの作品を手に取ろうと今から楽しみにしています。

 

 

Aya@読書(@Aya2020book)さん | Twitter
Aya@読書 (@Aya2020book)さんの最新ツイート。図書館に住みたい...。小説、自己啓発、ビジネス色々読みます 2020年からの記録を残しつつ #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい 西加奈子 原田マハ 特に好き 無言フォロー失礼します 読書垢フォロバ DMあまり反応出来ずです 雑多ツイート多...
タイトルとURLをコピーしました