【 アヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂幸太郎 】

小説

第25回吉川英治文学新人賞受賞作品

 

現在と過去とが交差する

 

現在と2年前の過去が同時に進んでいく、カムバック形式と言われる物語。

現在

大学入学のために一人暮らしを始めたばかりの椎名。

突如アパートの隣人の河崎に「一緒に本屋を襲わないか」と誘われる。

目的は、一冊の広辞苑を盗み出すこと。

 

過去

ペットショップで働く琴美。

恋人であるブータン人のキンレィ・ドルジと一緒にアパートに住んでいた。

多発するペット殺しが世間を騒がせ始める。

 

椎名=押しに弱い大学生。ボブ・ディランの「風に吹かれて」を丸暗記している。

河崎=容姿端麗。世の女性全てと寝ること。それが彼の生まれた意義。

琴美=河崎の元交際相手。今はブータン人であるドルジと付き合っている。

ドルジ=ブータンからの留学生。見た目は日本人。琴美の恋人であり、同棲している。

麗子=琴美が働くペットショップの店長。肌が白く美しい。常に無表情。

 

 

現在では、椎名を中心として物語が進んでいく。

過去では、琴美を中心として物語が進んでいく。

 

この現在の時間軸での主人公とも言える椎名。

2年前に起こるある出来事(物語)に巻き込まれていくことになります。

 

違和感

 

現在と過去を行ったり来たりするこの物語。

読み進めていくうちにとある違和感が生まれてきました。

あの人物がいない…

嫌な予感が膨らみ始める。

そしてその違和感に気付き、最悪のケースを思ったところで先が気になりすぎて読む手が止まらずでした。

 

過去には、背筋がゾクっとしてしまうような猟奇的な事件が…。

その謎を紐解くパートが現在にあります。

この現在と過去の交差により少しずつ明かされていく真相。

終盤の伏線回収には思いっきり引き込まれました。

 

読んでいく中で「アヒルと鴨のコインロッカー」というタイトルがずっと謎だったのですが、伏線回収中にここか!!とスッキリ。

そして過去を思い出して感動したり、しんみりとした気持ちになったり、感情が揺さぶられました。

 

全ての出来事が繋がっていく。

交差された世界が一つの物語に集約されていく。

気鋭が放つ清冽な傑作と言われたのにも納得。

 

まさ叙述トリック!

ピースが足りないパズルを完成させようと、必死になってのめり込んでいく感覚

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) 】で是非この感覚に溺れてみてください。

 

映画化

 

この作品は、2007年に映画化公開されています。

私もまだ観ていないのですが、登場人物も豪華で原作を読んだ今、映画の方にも手を出そうと思っています。

 

椎名=濱田岳

河崎=瑛太

琴美=関めぐみ

ドルジ=田村圭生

麗子=大塚寧々

謎の男=松田龍平

 

配役を見ただけでも、ん?と思う部分があります。

謎の男とは?

そして映画の予告編を観たのですがそこでも違和感が。

原作とは少し異なる物語になっているのでしょうか。

映画の方にも期待ですね。

 

ボブ・ディラン

 

作中にはボブ・ディランの名前や、名曲がいたるところに登場します。

ボブ・ディランと言えば2016年にミュージシャンで初めてノーベル文学賞受賞したとして騒がれましたね。

彼の曲で最も有名である「風に吹かれて」は、作中で椎名が口ずさむシーンがあります。

私もこの「風に吹かれて」を聴きながら「アヒルと鴨のコインロッカー」を読みました。

 

 

Yes, and how many times can a man turn his head
(人はあと何回顔を背け)

And pretend that he just doesn’t see?
(見なかったフリをするのだろうか)

 

なんとなく作品の内容と被る部分を感じたり。

まさにこの声は神。

そんなボブ・ディランの声が作中のキーワードにもなっている。

 

伊坂幸太郎さんの他作品にもボブ・ディランが登場するとのこと。

また、他の作品もボブ・ディランを聴きながら入り込んでみたくなりました。

 

 

Aya@読書(@Aya2020book)さん | Twitter
Aya@読書 (@Aya2020book)さんの最新ツイート。図書館に住みたい...。小説、自己啓発、ビジネス色々読みます 2020年からの記録を残しつつ #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい 西加奈子 原田マハ 特に好き 無言フォロー失礼します 読書垢フォロバ DMあまり反応出来ずです 雑多ツイート多...
タイトルとURLをコピーしました