【 medium霊媒探偵城塚翡翠 / 相沢沙呼 】

medium霊媒探偵城塚翡翠 相沢沙呼 小説

2020年本屋大賞ノミネート作品

2020年「このミステリーがすごい!」1位

2020年「本格ミステリ・ベスト10」1位

2019年「2019年ベストブック」(Apple Books 2019ベストミステリー)

ミステリーにおける様々な賞を三冠獲得している注目の作品。

 

霊媒&推理で事件解決!

 

推理作家の香月史郎は、とある事件で美しき霊媒師の城塚翡翠と出会う。

香月と翡翠は推理と霊媒で様々な事件を解決していく。

 

そんな中、世間を震撼させる連続殺人事件に立ち向かうことに。

証拠の無い難解な連続殺人事件。

推理と霊媒の2つの力で導き出す事件の真相…

翡翠に迫る殺人鬼の魔の手。

予想不可能な事件の謎の真実に震え上がる。

 

 

 

物語のテンポが良く、序盤からスラスラと飽きることなく読めました。

 

どんでん返し

 

こんなにも賞を獲得している期待の作品です。

事件の真相にドキドキしていると、中盤あたりから何やら期待を裏切られるようなライト感が漂ってくる…

予想していた謎解きは何処へ?

 

ショックを隠しきれずに読む手を止めようかと思いながらも読み進めていく。

 

分厚いハードカバーの本を両手で強く握りしめ直して声に出した

えぇぇぇぇーーーーーーーーーっ!!!

 

見事にやられました。

予想の出来なかった真相に声まで出して驚きました。

 

世界がひっくり返り最驚の謎が明かされていく。

そこからは無我夢中で読み進めていて、ページをめくる手が止まらず。

華麗な伏線回収の舞台へ。

 

あれも伏線!これも伏線!

すべてが伏線

更に面白いのが、驚くべき展開は1つではないこと…

 

読み終えた後、個人的に伏線を回収しようと改めて読み漁る!

そういうことだったのね…

 

ミステリー界のマジシャン相沢沙呼先生の手のひらで転がされていた…

まんまとしてやられました。

 

表紙の翡翠ちゃん

 

 

イラストレーターである遠田志帆さんがブックデザインしているカバーの翡翠ちゃん。

作中の翡翠ちゃんにぴったりの美しさ。

ミステリアスな中に、可愛らしさのある翡翠ちゃんが好きになる!

 

ブックカバーで、妖麗に微笑みかける城塚翡翠。

読み終えた後改めて眺めていただきたい。

きっと表情が違って見えてくるはず…

 

Aya@読書(@Aya2020book)さん | Twitter
Aya@読書 (@Aya2020book)さんの最新ツイート。図書館に住みたい...。小説、自己啓発、ビジネス色々読みます 2020年からの記録を残しつつ #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい 西加奈子 原田マハ 特に好き 無言フォロー失礼します 読書垢フォロバ DMあまり反応出来ずです 雑多ツイート多...
タイトルとURLをコピーしました