【 法廷外裁判 / ヘンリイ・セシル 】

法廷外裁判 ヘンリイ・セシル 小説

 

法曹界の推理作家

 

ヘンリイ・セシル 著

【 法廷外裁判 】

 

 

大学卒業後に資格を取得し、法廷弁護士として務めていたヘンリイ・セシル。

生涯にわたって法律の世界で活躍した人物だそうです。

学生時代から物を書いていたが、多忙な弁護士家業と、5年間にわたる軍隊生活のせいもあって、物書きとしてはあまり専念できずにいたとのこと。

裁判所の判事となった際に、時間的な余裕ができて、本格的に作家として活動する。

歳は40代半ばだったそうですが、さすが専門家。

その法律知識や法廷経験を活かした様々な作品を誕生させています。

 

 

今作も、法廷を題材とした作品。

ロジックを組み立てていくような遊び心もあって楽しめました。

 

法廷外裁判 あらすじ

 

会社社長のロンズデイル・ウォルシは嘘が大嫌いな男だった。

そんな彼がとある事件により殺人罪で告訴され、終身刑を宣告されてしまう。

彼は不撓不屈の精神で脱獄を計画。

そして、裁判のやり直しを目指して驚くべく計画を立てる。

珍妙な裁判の幕がが上がろうとしていた。

 

嘘が大嫌いな男

 

あらすじを見ただけでワクワクしませんか?

嘘が大嫌いな男』が「偽証によって有罪になったんだ!」と再度裁判をやり直すべく驚くべき行動に出るんです。

しかもこの男、嘘が嫌いではなくて大嫌い!

もうそれは病的でいてアレルギーの一種のような変わった体質を持っているんです。

人の嘘を見抜いてしまうと顔が真っ赤に染まり隠せないレベル。

 

もう嘘の証言ででっち上げられたこの結果が許せないんですね。

そこまでやる!?

と言うような驚くべく計画を立てて、納得のいかなかった裁判を再度やり直そうとします。

 

 

殺人!終身刑!

なんて聞くと恐ろしい空気が流れますが、設定や登場人物同士のやり取りがとてもユニーク。

ちょっとコメディチックな描写があったりと、緊迫感があまりなくクスっとしてしまう。

まぁ、一度終身刑を言い渡された人間が脱獄して、再度裁判をやり直す!

だなんて既に奇想天外ではあるんですけどね。

 

どこかネジが外れたようなおかしな物語。

バカバカしさもあって好みでした!

 

 

それだけではない仕掛けや一捻りもあって大満足!

サクッと読めるので、この作品を見かけることがあれば是非とも手に取ってみてほしいです。

 

 

 

https://twitter.com/Aya2020book
タイトルとURLをコピーしました