【 紙の月 / 角田光代 】

紙の月 角田光代 小説

 

第25回柴田錬三郎賞受賞作品

 

最も美しい横領犯

 

角田光代かくた みつよ 著

【 紙の月 (ハルキ文庫) 】

 

 

文学賞を数多く受賞しているすごい作家さんですよね。

過去に【 空中庭園 (文春文庫) 】をドキドキしながら熱心に読んだことを、今でも覚えています。

そして私が大好きな西加奈子さんとも、よく対談していたりと仲が良く、好きな作家さんです。

今回、フォロワー様におすすめしていただいた作品を、手に取りました。

 

紙の月 あらすじ

 

ただ好きで、ただ会いたいだけだった――わかば銀行の支店から一億円が横領された。

容疑者は、梅澤梨花41歳。25歳で結婚し専業主婦となったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。

真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。

そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった……。

あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。

出典 : 紙の月 (ハルキ文庫)

 

わかば銀行の契約社員である梅澤梨花(41歳)。

夫との間には長い間子供を授からず、気分転換にスタートした銀行での勤務。

夫との間に生まれる違和感。

そんな時に出会ったのは、銀行の顧客である平林孝三の孫の平林光太。

大学生である光太との出会いをきっかけに少しずつ崩壊していく。

ある日、梨花は銀行の顧客のお金に手を出してしまう…。

そしてそれはエスカレートしていき、梨花は自分の務める銀行から1億円を横領する。

梨花にそこまでさせたものとは…。

 

危険な欲望

 

物語は梨花の犯罪を軸に、梨花に注がれる周りの人間からの視線も描かれている。

正義感の強いはずの彼女が何故そんなことを…。

誰もが疑問に思いつつも、そこには嫉妬や欲望や妬み…と言った人間の黒い部分が見え隠れする。

1億という大金を彼女はどう使ったのか。

もしも自分の手元にそんな大金があったら。

世間を騒がせた彼女と、実は知り合いだと周りに知られたら。

 

 

そこには彼女だけが特別ではなく、誰しもが持っているであろう危険な欲望が描かれていました。

一歩間違えれば、誰もが犯罪者になり得る。

一度一線を超えてしまうと、どんどん深みにハマっていく。

歯止めが効かなくなり、後戻りできない境地へ

 

この梨花が少しずつ崩壊していく過程にドキドキしました。

とても非現実的でいるようで、実は自分の中にもそんな欲望があるのではないかと思ってしまったり…。

共感できないことばかりのはずなのに、目が離せなくなっていきます。

 

恋は盲目

 

物語は、一見恋愛に溺れていく梨花の様子を見ているようにも思えましたが。

それは最初だけ。

もう恋や愛ではない「依存」や「執着」と言った方が良いんじゃないかなと途中から怖くなりました。

自分を認めて欲しくて、自信を付けたくて。

それが梨花を犯罪へと導いたきっかけなのでは。

この手における承認欲求はお金で埋まるはずもなく、歯止めが効かなくなっていく。

相思相愛というのはとても難しい…というか奇跡的なことだなと改めて思いました。

そして相手とのバランスを取ることも難しい。

その恋や愛が自分の気付かぬうちに「依存」へと凶変してしまうこともあると思います。

 

映画版「紙の月」

 

2014年に原田知世さんを主演としてTVドラマとして放送もされていたみたいです。

TVドラマの方は見れていませんが、宮沢りえさん主演の映画版をアマプラで見つけて観ることが出来ました。

「紙の月」と言えば、この映画の宮沢りえさんの印象がとても強く、小説を読んでいる間も、私の頭の中での主人公は宮沢りえさんでした。

映像化されたドキドキのシーンは緊迫感があり、映画版も面白くて目が離せませんでした。

映画版ではオリジナルキャラクターとして小林聡美さんが、主人公の職場での先輩役を演じています。

このキャラクターがまた緊張感のある空気を作ってくる!

小林聡美さん好きです。

 

是非原作の【 紙の月 (ハルキ文庫) 】を読んだ後に映画の方も観てみてほしいです。

 

 

Aya@読書(@Aya2020book)さん | Twitter
Aya@読書 (@Aya2020book)さんの最新ツイート。図書館に住みたい...。小説、自己啓発、ビジネス色々読みます 2020年からの記録を残しつつ #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい 西加奈子 原田マハ 特に好き 無言フォロー失礼します 読書垢フォロバ DMあまり反応出来ずです 雑多ツイート多...
タイトルとURLをコピーしました